【自閉症の癇癪(かんしゃく)とクールダウン方法】実例1. 食べたい物を食べたい時に食べさせてもらえないから癇癪を起こす

【自閉症の癇癪(かんしゃく)とクールダウン方法】実例1. 食べたい物を食べたい時に食べさせてもらえないから癇癪を起こす 自閉症・発達障害
【自閉症の癇癪(かんしゃく)とクールダウン方法】実例1. 食べたい物を食べたい時に食べさせてもらえないから癇癪を起こす

自閉症の子供の子育てにおいて、
癇癪(かんしゃく)の場面に遭遇することってたくさんありますよね。

これが親にとって忍耐・忍耐で本当に辛い…(泣)

わたしの息子を例に、
癇癪を起こしやすい原因とその時の様子、
そしてそのクールダウン方法について
共有させていただきますね。

まずは1つめ!食べ物に関するかんしゃくです。

食べ物に関するかんしゃくの原因

食べたい物が目の前にあるのに、
食べようとするのを止められるから
怒りが抑えきれずに爆発。

またはお腹が空いているから、
食べ物を食べたくて仕方なくて、
機嫌を損ねて癇癪を起こす。

その時の様子

火がついたように「ギャー!!」と叫ぶ。
泣く。
ひっくり返って大暴れ。
壁を蹴る。

気をつけている3つのポイント!

①原因となるもの(食べ物)を視界に入らないようにする
②食事の時間を前倒しして空腹に対応する
③子供の食べたい抗議(=癇癪)に屈しない

息子は食べることが大好きです。
しょっちゅう冷蔵庫を開けては、
食べ物を物色しています。

「冷蔵庫を開けないようにすればいいんじゃない?」と思われるかもしれません。

しかし、体が大きくなった今では、
冷蔵庫ロックも固定したガムテープも自力で外せてしまいます。
(※小さい頃には有効な手段でした)

冷蔵庫に「×」と書いて貼り、
開けてはいけないと示したこともありましたが、
全く効果はありませんでした。

そんな息子を相手に色々試してみて、
効果があると感じたのが
上記の3つのポイントです。

1つ1つ説明しますね!

ポイント①食べたい物を隠す=癇癪の原因自体をなくす

冷蔵庫を開けて、
欲しいものがパッと目に入ってしまうから
「食べたい」と思うし、
「我慢できない」と思ってしまいます。

だから、食べ物を見えないように工夫しています。


例えば箱入りアイス。 

冷蔵庫にたくさん入っているのがわかると
「もう1本」「もっとちょうだい」
って思っちゃいますよね。

だから、
その日食べる1本だけを
わざと目につく場所に置いておいて、
残りのアイスは色のついた袋に入れてしまい、
パッと見てアイスだとわからないようにします。

それを、他の冷凍食材の下敷きにして
さらに隠します。

他の食べ物に関しても同様です。

その日食べる分だけを出しておいて、
残りを色つき袋に入れて
わかりにくく保管したり、
押し入れに隠したりしています。


その結果
食べ物の存在に気付くことが少なくなり、
癇癪の原因自体が減ったので、
食べ物に対する癇癪はほとんどなくなったのです!

ポイント②食事の時間を前倒しして空腹に対応する=癇癪予防

息子が冷蔵庫を頻繁に開けている時は、
だいたいいつも夕方で、
小腹が空いている時間帯なんだと
気付きました。

お腹が空いている状態が、
機嫌の悪さに拍車をかけているようで、
余計に癇癪がひどくなるのかな?
と考えました。

そこで夕方に冷蔵庫を開け始めたら、
カップゼリーや
粒のチョコレートを少しとか、
チーズを1個とか、
小腹を満たす程度にあげるようにしました。

そして「ご飯作るね」と子供に知らせて、
急いで食事の支度に取りかかるようにしました。

夕飯をいつもの時間より、
少し前倒しして食べられるようにしてみました。


その結果
もうすぐご飯だとわかったら、
癇癪を起こさず待てるようになった。

また、食事でお腹がしっかり満たされるので、
食後は余分なものを食べたいという
要求がなくなった。

ポイント③「食べたい!」と泣かれても屈しない=癇癪のエスカレート防止

ギャーギャー泣かれると、
こちらもしんどくなって
「少しくらいならいいか」
とついつい折れてしまいますよね。

でも、これを続けていくと
「泣けばもらえる」と思われてしまい、
ますます癇癪が激しくなるのが
経験して身にしみました。

だから、どんなに泣かれても
「ダメなものはダメ」
という姿勢を貫き通しています。


その結果
泣いてもダメだとわかったら、
癇癪を起こす時間が短くなった


①②③を実践した結果、
食べ物での癇癪は確実に減っていきました。

番外編:食べたい物に名前を書くのも効果的

食べたいと言っている時に、
それをあげることが出来ないならば、
「明日食べようね」
「これは〇〇くん(ちゃん)のものだよ」
と言って、本人の目の前で名前を書いて
見せてあげるのも効果的でした。

「自分の物だ」という安心感が生まれると、
納得ができて癇癪が落ち着く傾向がありました。
よかったらこちらも試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました