【人見知りよりつらいパパ見知り】いつから始まるか、そして効果のあった対策事例、ご紹介します

【人見知りよりつらいパパ見知り】いつから始まるか、そして効果のあった対策事例、ご紹介します 人見知り・パパ見知り
【人見知りよりつらいパパ見知り】いつから始まるか、そして効果のあった対策事例、ご紹介します

子煩悩なパパを突然襲う、赤ちゃんのパパ見知り!
成長の証とはいえ、パパは大ショック!
でも、赤ちゃんにあの手この手でアプローチをした結果、
現在はとても良い関係になれました。
色々試した中で、効果があったな、と思える対策をご紹介します!

パパ見知りは突然に・・・成長の証!

生後3カ月の時でした。
いつものようにパパが抱っこで寝かしつけようとすると、
大泣きして泣きやみません。

突然のパパ見知り発生!

それからは、夜寝る時にパパが抱っこすると、
どんなに泣きやませようとしても大号泣。

そして、ママに交代するとピタッと泣き止む…
といった状態になってしまいました。

パパは「今まで毎晩一緒に寝ていたのに…」
と大ショック!

昼間はパパの抱っこでも寝るし、
パパがいる時の方がテンション高めな子供でしたので、
なおさらビックリでした。

ママとそれ以外の人の区別がつくようになった
成長の証ではあるんですけどね。

「パパの寝かしつけでも寝る子でいて欲しい」と、
パパはその後も何度か寝かしつけを試みました。

でも、どうやっても娘の号泣は止まらず、
そんな2人を見てママが
「こんなに泣くなら、これから寝かしつけはママの役割にするよ」
と白旗を上げてしまいました。

こうしてパパ見知り生活が始まったのでした。。。

パパ見知りの対策、乗り越え方

パパ見知りが始まってからも、めげずに!
パパは子供と積極的に関わりを持ったほうが、
結果的に良かったです。

なかでも有効だったと思える
主なアプローチについてご紹介しますね!

対策1:一緒にお風呂に入る

一緒に入れる時には必ず一緒に入りましょう!
パパとのお風呂がまったくダメなときもあるでしょうが、
めげずにトライしましょう。

ママの姿が見えるまで号泣かもしれませんね。
その時はママもその場で一緒に3人で入ったりして
パパと子供が一緒に入れる状態を演出するのも効果的です。

それでもダメな時は、
1カ月くらいママとのお風呂の期間にして、
「そろそろまたパパと入れるんじゃないかな」
という時期を見計らって、
またパパと入浴するようにしてみてください。

これを続けていくと、子供自身にも
「パパがいる時にはパパとお風呂!」
というのが定着してくると思います。

対策2:一緒にお散歩に行く

休みの日など、行けるときには
パパが子供を散歩に連れていきましょう。

パパ見知りが始まった子供は
少しママと離れるのが長くなると泣きます。

ですので、はじめはパパとの散歩を短時間にしたり、
ママも一緒に3人で散歩に出かけたりして、
「パパが一緒にいる散歩」を継続しました。

我が家では、これをしばらく続けるうちに、
パパと2人で30分ほどの散歩に出かけられるようになりました。

でも、やっぱり途中で泣き出してしまい、
号泣する子供とパパが引き返してきたことも
何度もありましたが^^;

それでもめげずにパパと子供のお散歩と続けましょう
我が家は、毎週休みのたびに散歩に出かけてました。

すると、パパ見知り発生から3ヵ月ほどで、
喜んで出かけるようになりました。

対策3:絵本の読み聞かせ

パパはよく娘に絵本を読んであげていました。

でもパパ見知りの始まった子供は
機嫌が悪い時にはママばかり求めてくるので、
機嫌の良い時にパパが絵本などを読み聞かせ、
機嫌が悪くなってくるとママが抱っこをして
気を紛らわす、遊び方を続けていました。

これを続けるうちに1歳頃には、
子供自身が絵本を読んでほしいと要求するようになり、
そしてパパがいる時は、
いつもパパに絵本をせがむようになりました。

そして、自然と寝る前の絵本タイムも、
パパの絵本タイムとして定着しました。

対策4:寝かしつけ(克服できず)

パパ見知りが始まってからも、
パパによる寝かしつけを試み続けていました。

でもやっぱり泣き出すので
ママとバトンタッチしていました。

そして、夜泣きが始まってからも、
やはりパパの抱っこでは泣きやみませんでした。

そして1歳半の今でもまだ寝るのはママとが良い様子で、
パパと2人で布団に行くと、
パパを押しのけてママを探します。

3、4歳になってもママとしか寝ない子も多いらしいので、
パパと寝られる日はまだまだ先かもね…と夫婦で話しています。
とほほ・・・

対策5: パパと子供、2人でお留守番

ママが出かける時に、
パパと子供が2人でお留守番することになります。

パパ見知り時期の2人でお留守番は、試練です。

散歩に連れ出したり、
子供がお気に入りのおもちゃを
延々と一緒にしたり、
パパしかできない肩車をして
部屋の中を歩き回ったりして、
一生懸命子供と向き合いましょう。

我が家では使いませんでしたが、
テレビやスマホを見ながら
歌を歌ったり動画を見たりしてもよいですね。
※でも月齢が3ヵ月程度の赤ちゃんには
 使わない方が良いかと思います。

粘り強く向き合っていると、
だんだんとパパと二人で待てる時間が
長くなっていくのがわかります。

パパ見知り時期の、パパとママの役割は?

パパ見知りだった子供が1歳半となった今でも、
子供がパパではなくママを要求する場面が、
寝かしつけ以外にも多くあります。

例えば、ママが家事をして長く構ってくれない時や、
痛い思いをして泣いた時…などです。

パパが目の前にいても、
ママの抱っこをせがみます。

我が家では、おそらく子供にとって
『パパ=楽しい』『ママ=安心』
という役割ができているのだろうと考えています。

パパ・ママ両方ともが
全てできなければいけないのではなく、
それぞれの役割を果たしていけば良いのかな、
と考えています。

まとめ

毎日寝かしつけてくれていたのに、
パパ見知りが始まり、
パパはショックを受けました。。。

しかし、その後も粘り強く、積極的に
子供にアプローチを続けることで、
子供と良い関係をつくることができました。

パパが子供におこなったアプローチは
以下の通りです。

  • 〇 お風呂に入れる時には必ず一緒に入る。パパとのお風呂がダメになっても、時期を見てチャレンジすると、また再開できた。
  • 〇 休みの日はできるだけ2人でお散歩に出かける。最後にはパパとのお出かけが好きになった。
  • 〇 よく絵本の読み聞かせをする。子供にとって絵本を読んでもらうのはパパの役割に。
  • △ 寝かしつけを定期的にチャレンジしているが、子供が1歳半になった今もまだ難しい様子。
  • 〇 パパとのお留守番は、散歩やおもちゃ、肩車などで気を紛らわせながら慣らしていった。

パパ見知りが始まってからも、
パパが積極的に関わったり、
一度拒否されたことでも諦めずに
時期を見て再チャレンジすることで、
パパの存在感を高めることができたのだと思います。

そして、
子供が求めるパパ・ママのそれぞれの役割を
それぞれが果たしていけば良いのではないかと思います。

パパ見知りのあるお子さんに
戸惑っているパパやママに、
少しでも参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました