【管理栄養士さん直伝!】離乳食中期(モグモグ期)簡単レシピと外出時の市販ベビーフード活用へのアドバイス

管理栄養士さん直伝!離乳食中期(モグモグ期)簡単レシピと市販離乳食活用! 離乳食・食事
管理栄養士さん直伝!離乳食中期(モグモグ期)簡単レシピと市販離乳食活用!

7〜8ヶ月になるといわゆる離乳食中期となり、
食べられるものがどんどん増えて
メニューを考えるのも難しいですよね。

そこで管理栄養士さんに直接教えて頂いたレシピと、
外出時の市販ベビーフードと手作りの使い分けなど、
離乳食中期に悩んだり試したりしたあれこれを
お話ししますね。

離乳食中期(モグモグ期)のポイント

このころはモグモグ期と呼ばれ、
舌が上下に動くようになります。

そうすることで舌と上あごで食べ物を
つぶすことができるようになります。

食べ物の固さは豆腐くらいが目安になります。

また、赤ちゃんが飲み込みやすいように
とろみをつけることも必要になってきます。

離乳食中期(モグモグ期)とこの時期の赤ちゃん

離乳食を始めて1ヶ月が過ぎたころから
1日2回食になります。

中期になったころには2回食の子が
多いのではないでしょうか。

食事のリズムもついてきます。

初期のころと違い、
全てをすり潰したりこしたりする必要はありません。

いろいろな味や舌触りを楽しめるように、
食品の種類を少しずつ増やしていきましょう。

離乳食中期(モグモグ期)のなかだるみ

このころになると、
急に食べる量が減ることがあります。

これをなかだるみといいます。

それまではちゃんと食べていたのに、
急に食べなくなってしまうんですね。

これは、食べることよりも
おもちゃなど他のことに興味がわいてきた
という成長のあらわれです。

心配したり焦ることはありません。

いつもと違う環境だと食べてくれることもあるので、
いつもと違う部屋で食べさせてみたり、
食べさせる人をかえたり、
いろいろと試してみたら良いですね。

外出時は市販のベビーフードを積極的に活用しましょう

今は、たくさんの種類の
ベビーフードが売っています。

わたしも外出の時に積極的に活用していたのですが、
本当に便利だと感じました。

まず、手作りのものを冷凍していたら、
食べさせるときに温めなければいけません。

でも、市販のベビーフードは、
温めなくてもおいしく食べられるんです!

しかもカップ入りスプーン入りのものもあり、
外出時は手放せませんでした。

もちろん、温めた方がより美味しくなると
説明書きはありますが、
常温の状態でもおいしく食べられるよう
味付けや固さを考慮してあり、
そのままあげられるのは外出先では嬉しいところです。

管理栄養士さんからの市販ベビーフード利用アドバイス

市販のベビーフードについても
管理栄養士さんに教えて頂きました。

市販のベビーフードを与える際の注意点として、
赤ちゃんの月齢や固さに合わせたものをあげること。

もちろん、購入する際に月齢にあったものを
購入するとは思います。

ただ、赤ちゃんに与える前に固さや味、
温める場合は熱さも確認しましょう。

例えば、今7ヶ月の息子の場合は舌で潰せる程度の
固さにしなければいけないので、
ためしに指で潰してみました。

一口食べて確認しても良いですね。

また、購入する際には原材料や料理名が
偏らないようにする必要があります。

主食、主菜、副菜が揃った
食事内容になるようにしましょう。

ただ、3種類の離乳食を用意しても
食べきれないこともあります。

わたしは野菜が入ったおかゆと、
魚と野菜のおかずを購入してました。

おかゆ2つなどにならないようにして、
穀類、野菜、たんぱく質が揃うようにしましょう。

離乳食は毎日のことなので、
どうしても手作りが難しいときがあります。

忙しいときや外出、旅行のときなどは
無理に手作りするよりも、
市販のベビーフードをうまく利用して
楽しくストレスのない離乳食を進めていきましょう。

市販のベビーフードを使うときのまとめ
・赤ちゃんの月齢や固さに合わせたものを選ぶ
・原材料や料理名が偏らないようにする

離乳食中期オススメレシピ1: うどんのとろとろ煮

まず、うどんを茹でます。

茹でたうどんを長さ2〜3㎜に刻みます。

だし汁で刻んだうどんを
とろとろになるまで煮込みます。

わたしはこのメニューにするとき、
にんじんやほうれん草も合わせて煮込んでいます。

赤ちゃん用の短いうどんも売っているので
それを使ってもいいですね。

離乳食中期オススメレシピ2: かぼちゃのそぼろ煮

かぼちゃは皮をむいてさいの目切りにします。

ささみは筋をとってみじん切りにします。

鍋にかぼちゃとだし汁を入れ、
沸騰したらささみを加えて大きなかたまりが
できないようによくほぐします。

そのまま柔らかくなるまで煮て完成です。

かぼちゃはまとめて煮て冷凍して、
ささみだけを茹でて解凍したかぼちゃと
だし汁と合わせる、という作り方をすると、
より簡単なので、我が家では定番メニューでした。

離乳食中期オススメレシピ3: 黄身とろり

まず卵を固茹でにします。

そこから黄身だけを取り出してすり鉢ですりつぶします。

だし汁を加えてとろとろにします。

卵はアレルギー症状を起こすことがあります。

初めて食べさせる時には1さじからで、
体調の良い日にしましょう。

離乳食中期のまとめ

・食べ物の固さは舌でつぶせる豆腐くらいが目安
・1日2回食にする
・なかだるみ対策には環境を変えてみる
・用途に合わせて市販のベビーフードをうまく利用する

離乳食中期には食べられる野菜も増え、
ささみや赤身魚やプレーンヨーグルト、
納豆なども食べられるようになります。

食べられるものが増えると
作れるものも増えてきます。

少しずつ大人と同じものが
食べられるようになります。

そのためわたしは煮物を作るとき、
味付けをする前に取り出したりしています。

初期はすりつぶしたりこしたり大変ですが
少しずつ楽になってきます。

また、赤ちゃんもだんだん好き嫌いが出てくるので
食べさせる楽しみもでてきます。

紹介したメニューに忠実でなくても、
やりやすいようにある程度自分流に
アレンジしてもいいと思います。

毎日のことなので、
作る側もあまり負担のないように
やりやすいようにするのがコツですね。

ちなみにわたしは、
市販のベビーフードのメニューを参考にしています。

あの市販のベビーフード、
わたしたち大人も食べられるくらい
美味しいメニューなんですよね。

この食材とこの食材を組み合わせたらいいんだなと
参考にしています。

もしメニューに迷ったら
1度試してみてくださいね。

もちろん、参考だけでなく
ベビーフードを購入して
食べさせてあげても良いと思います。

市販のベビーフードには
たくさんの具材が入っていておいしいからか
息子はすごい食べっぷりでした。

何より、作る側としてはすごく助かりました。

わたしがいなくてもダンナでも用意できますからね。

便利なので外出の時には市販のベビーフードを
持っていくようにしています。

赤ちゃんの成長に合わせて
楽しく離乳食を食べさせてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました