離乳食、何からどうしたらいいの?離乳食教室を参考に私はこう解決しました!

離乳食を始めたいけど分からない!私はこう解決しました! 離乳食・食事
離乳食を始めたいけど分からない!私はこう解決しました!

生後5ヶ月を超えて、そろそろ離乳食を始めようかな?
というころになってきましたが。。。
でも、離乳食を始めるにしてもいつから始めたら良いのか、
また、どうやって進めたらいいのかなど、難しいですよね。
わたしも最初は分からないことだらけでしたので、自治体の離乳食教室にお世話になりながら、何とか進めることができました。
今回、実際に息子の離乳食を経験した私の解決方法をお伝えいたしますね!

いつ始めたらいいの?4つ条件

離乳食を始めるのは5〜6ヶ月と言われますが、
それだけじゃザックリすぎて難しいですよね。
離乳食を始めるタイミングの見極め方としては、

  • 首がしっかりとすわっている
  • 支えてあげたら座れる
  • スプーンなどを口に入れても舌で押し出さない
  • 大人が食べているものに興味を示す

以上の4つです。
スプーンなどを口に入れるというのは、練習です。
息子の場合、最初はやっぱり嫌がって舌でぐいぐい押し出してきました。

そのため、まずスプーンに慣れさせるために
手に持たせて好きに遊ばせてみました。
数日後にはそのスプーンで薄い麦茶を与えてみましたが
飲んでくれました。

食べているものに興味を示すというのは、
大人が食べているのをじーっと見ていたり、口をモグモグと動かすことです。

息子は興味を持たせるために、
4ヶ月ごろから横に座らせてわたしたちが食べているのを見せていました。
最初こそきょとんとしていましたが、
2週間ほどしたら結構口をモグモグさせていました。

上記の4つの条件を満たして、
赤ちゃんの体調が良くて機嫌の良い日を選んで
離乳食を開始しましょう。

離乳食には実は食べさせる順番があった!

離乳食は、実は大まかに食べさせる順番が決まっています。
最初から野菜やお魚を食べさせてはいけません。

まず一番最初に与えるのは10倍がゆなどの穀類です。
お米が1に対してお水が10の割合で作るために10倍がゆといいます。

離乳食を始めて1週間ほどたって、
慣れてきたころに野菜をプラスします。
野菜はすりつぶしたりこしたりして、
だし汁などで固さを調節しましょう。

そしてさらに1週間後、今度はタンパク質をプラスします。
この頃食べられるタンパク質は白身魚やお豆腐、きなこなどです。
わたしたち大人が生で食べるようなお豆腐であっても、
赤ちゃんに食べさせる時にはしっかりと加熱しましょう。

離乳食を始めて2週間ほどたったころには
穀類、野菜、タンパク質の3種類を食べることになります。

離乳食の始め方、進め方

離乳食を始める時、最初からたくさん食べるのではありません。

食べさせる量として、初めて食べさせる日は10倍がゆをティースプーン1さじ程度にしましょう。
少しずつ量を増やして慣れさせていきます。

1週間後にはティースプーン3さじほどにします。
その時野菜も加わってくるので、野菜も1さじから始めます。

そしてさらに1週間後、穀類はティースプーン5さじ、野菜は3さじになります。新しく加えるタンパク質は1さじです。

離乳食を始めて1ヶ月たつころには穀類は
こども用の茶碗に⅓杯、野菜は4さじ、
タンパク質は3さじ程度になるようにします。

ただし、これはあくまで目安です。
食べ方には赤ちゃんそれぞれの個人差があります。
こんなに食べなくても心配しないでくださいね。
息子は気まぐれで、食べない日はほとんど食べなかったり、
かと思えば次の日は完食したりしていました。
慣れてきた今思えば、熱さや食感が嫌で食べなかっただけかもしれないですけどね。

また、初めて食べる食材は1日1品、1さじです。
これは赤ちゃんにアレルギーがあった時のためです。
必ず守るようにしましょう。

まとめ 自治体の離乳食教室、すっごくいいですよ!

離乳食を始める時、
「これは食べさせてもいいかな?」など疑問はどんどん出てきます。
わたしもこんな風に書きながら初めてのこどもで離乳食の作り方なんて全く分かりませんでした。

それを教えてくれたのが離乳食教室でした。
だいたい自治体で行われていたり、
または助産師さんや管理栄養士さんが行なっている場合もあります。
わたしは自治体の教室に参加しましたが、
定員30人に対して30人のお母さんが参加していました。

わたしのように1人目のこどもで分からないから来たという方はもちろん、
2人目だけど確認のために来たというお母さんもいました。
教室に行くと離乳食について教えてくれるのはもちろん、試食があったり、自分たちで作るところもあります。

わたしは行ってとても勉強になりました。分からないことを直接聞いて確認できるのもありがたいです。わたしみたいに分からないことだらけの方には、離乳食教室に行くのをオススメします。

1度自分の住んでいる場所で離乳食教室があるか調べてみたらいいですよ。
赤ちゃんのために、勉強しておいしい離乳食を作ってあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました