私は夜泣きをこうして乗り切った!試してほしい5つのこと

私は夜泣きをこうして乗り切った!試してほしい5つのこと 夜泣き
私は夜泣きをこうして乗り切った!試してほしい5つのこと

赤ちゃんを子育てしているママたちが、必ずと言っていいほど経験する「夜泣き」。
ママも日々の育児でクタクタで寝たいのに、毎日毎日夜泣きをされるとたまりませんよね・・・
我が家の2人の子供も夜泣きがひどく、特に下の子は全然寝てくれませんでした。
おかげでわたしはストレスで発狂したり、大声で泣いたりと感情がジェットコースターのようでした(汗)

夜泣きを乗り切るするために、わたしがやってきた5つの方法をここでシェアして、今悩んでいるママたちが少しでも楽になったらいいなぁと思います。

1. とにかく添い乳

添い乳は賛否両論ありますが、わたしの場合はとにかく泣かれることが辛かったので、添い乳をしていました。

以下、わたしが助産師さんから聞いた添い乳のやり方です。

①赤ちゃんを横にして、自分も横を向いてお互いに向かい合う。
この時に赤ちゃんの背中には、細長く丸めたタオルを背中に沿わせるように置き、体を支える。

②赤ちゃんの体を自分の体と密着させて、下のおっぱいからあげる

③上のおっぱいをあげる場合は、体の向きを反対に変える。
もしくはそのまま自分が体を傾けて、口元におっぱいがくるよう工夫する。

添い乳のいい点は、自分も横になれるので体が休まるところです。
※ただし、自分がうっかり寝てしまうと、赤ちゃんを窒息させる危険があるため(特に上のおっぱいをあげるとき)、赤ちゃんや自分の角度を調節して工夫してみてくださいね。

2. 抱っこひも、おんぶひものまま寝かせる

わたしの下の子供は、上の子がバタバタするためおんぶスタイルが多く、昼寝も毎日おんぶでしていました。そのため、おんぶでないと寝てくれないことが多かったです。

夜もおんぶしながら寝かしつけ、おんぶひもを付けた状態で子供を布団にそっとおろし、しばらくそのままの状態で熟睡するのを待ちます。熟睡したら、静かにおんぶひものバックルを外します(その音でまた起きちゃう時もあるのですが 泣)

おんぶひもから布団にうつすと必ず起きてしまうので、そのままおんぶひもの上で寝かせていました。
※ひもやバックルが赤ちゃんの口や鼻にいかないように、気をつけて外してくださいね。

抱っこひもでも、赤ちゃんを布団におろしてから、バックルやボタンを外せばいいタイプもあるので、それを利用すると寝かしつけが楽になりますよ。

3. 自分のあぐらの中で赤ちゃんを寝かせ、そのまま自分も後ろに寝る

これはもう本当に究極の方法なのですが(泣)
とにかくほんの少しでも横になりたい時に有効です。

あぐらをかいた自分の足の上に、赤ちゃんを寝かせます。
眠ったら、そのまま自分が後ろにゆっくり倒れて寝ます。

イメージとしては、フィギュアスケートのイナバウアーです(笑)膝の上だと、赤ちゃんは本当によく寝てくれますよ。

※ただし、この姿勢はママがかなりつらいので、短時間向きです。

4. 一時的に授乳クッションの上で寝かせる

これは一時的なお昼寝の場合です。

背中を真っ直ぐにすると、なぜか赤ちゃんがよく泣きませんか?そこで我が家は、授乳クッションを使いました。

授乳クッションの高い方(切れていない方)に赤ちゃんの背中~頭をのせて斜めに寝かせます。姿勢に角度をつけると泣かずにそのまま寝てくれることが多かったです。これと、②の抱っこひもやおんぶひもの方法を組み合わせると効果的でした。

※こちらの方法も短時間向きです。

5. 1時間だけでもパパと交代してもらう

わたしの最終手段です(汗)

毎日の夜泣きとの戦いで「もう限界!!」となった時は、主人に「1時間だけ寝かせて」とお願いして休ませてもらいました。

主人も仕事があるので気が引けますが、夜泣きも長丁場。
そうでもしないと、自分がノイローゼになりそうだったので、頑張れない時は甘えさせてもらいました。

まとめ

  • 添い乳は夜泣きに効果的で、自分も横になれて楽
  • 抱っこひもやおんぶひもで寝かしつけ、そのまま布団におろす
  • あぐらをかいた中に赤ちゃんを寝かせ、自分もイナバウアーして横になる
  • 授乳クッションを使って、角度をつけた状態で寝かせる
  • 辛い時は、パパに交代してもらい休む

今、わたしの子供たちは小学生です。

夜泣きしていたあの頃は、自分が壊れそうで本当に辛かったです。しかし今思い返すと、一生懸命夜泣きに向き合ったあの時期が、ほっこり優しい思い出となっています。

どうか皆さんが、少しで夜泣きの悩みが楽になり、体を休められますように。

ゴールは必ずあります。
頑張る皆さんを、わたしは応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました